認知症バリアフリー宣言

愛知県中央信用組合

業種:
金融業/保険業
本店又は主たる事務所の所在地:
〒447-8605 愛知県碧南市栄町2丁目41番地
宣言組織の代表者:
理事長 宮地 秀夫
電話番号:
0566413262
メールアドレス:
kkikaku@aichi-kenshin.co.jp

認知症バリアフリー宣言の内容

 全役職員が、「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を目的とした「認知症サポーター養成講座」を受講し、認知症サポーターとして認定を受け、その証である「オレンジリング」を着用し業務に従事しております。
 当組合は、認知症についての正しい知識をもち、認知症の人やその家族を支え、安心して暮らせるまちづくりに貢献します。
 私たち役職員は、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人やその家族を温かい目で見守り、地域で認知症を支えるサポーターとして活動していきます。
※この宣言は、当組合の本部及びすべての支店を対象としています。

「人材の育成」についての具体的取組

社外教育

 当組合役職員は、入組時の研修として「認知症サポーター養成講座」を受講し、認知症サポーターの認定を受けた職員が業務に従事します。

「地域連携」についての具体的取組

地域の見守りネットワーク等への参加

 日々の訪問活動において、認知症サポーターとしての意識を持ち声掛け・訪問を行います。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かい目で見守り、地域で認知症を支えるサポーターとして活動していきます。

「社内制度」についての具体的取組

介護離職防止のための制度 仕事と治療の両立のための制度

 当組合は、今後、介護に直面する職員の増加が予想されることから、介護の現状や対応を理解し、仕事と介護の両立の実現に向けて、働きやすい職場環境の整備や行内制度の充実に取り組みます。

「環境整備」についての具体的取組

認知症の方でも利用しやすい店舗等の環境づくり

 店舗設備のバリアフリー化に加え、認知症サポーターの認定を受けた職員が窓口対応や訪問活動を行い、安心してご利用いただける環境とサポート体制の整備等を通じ、認知症の方を含めた様々なお客さまやそのご家族が利用しやすい環境整備に努めます。